2015-16年カウントダウン!関西エリアで花火を楽しめるスポット3選

Sponsored Links

商業施設では近年さまざまなカウントダウンのイベントが開催されています。

まさに新年のお祝いをハイテンションで迎えることができる、新年の幕開けを盛り上げてくれる一大イベント「関西のカウントダウンは熱いで~!!!」

今回は関西エリアで花火とともにカウントダウンを楽しめるスポットを3つご紹介します。

乗り物が全て乗り放題の特典がつく「ナガシマスパーランド」

三重県桑名市にあるナガシマスパーランドでは、例年12月31日の20時~1月1日3時頃まで、カウントダウンが行われます。カウントダウンライブも行われ、毎年有名アーティストとともに「蛍の光」を合唱して、新年の幕開けをお祝いします。さらに1500発の花火が打ち上げられ、会場はとても盛り上がりをみせます。チケットは前売りと当日券があり、前売りは11月中旬よりコンビニエンスストアなどで販売。大人4700円、小学生3500円、幼児(2才以上)2100円で、料金には園内乗り物の乗り放題特典が付きます。当日券は20時からナガシマスパーランド窓口にて発売され、大人5200円、小学生3900円、幼児(2才以上)2300円となります。

昨年の様子はこちらです。


Sponsored Links

花火が豪華な「和歌山マリーナシティ」

和歌山マリーナシティでは毎年12月31日の18時頃~深夜1時頃までカウントダウンイベントが開催されます。場所は園内のポルトヨーロッパ西側特設ステージで、入園料は大人(中学生以上)1500円、小人(3歳以上)900円。毎年FM802と連携しながら、地元ミュージシャンから有名アーティストなどがライブイベントを行い、新年をお祝いします。1月1日の0時40分頃から約10分間、そのフィナーレを飾るべく花火ショーが開催されます。打ち上げ花火約1000発、さらに特殊効果の花火約5000発も打ち上げられ、まさに迫力満点の光景で一年のスタートを迎えることができることでしょう。

和歌山マリーナ

人気のテーマパークで充実した時間を過ごせる「USJ」

ハリウッドファンにはたまらない、カウントダウンにお勧めの場所といえば、大阪のユニバーサルスタジオジャパン。毎年12月31日の19時~1月1日の2時までのユニバーサル・カウントダウン・パーティーが開催されます。アトラクションが乗り放題、更に花火イベントなど盛りだくさんの内容で新年をお祝いします。チケットは大人と子供共通、パスによって料金は異なりますが一人10800円~。毎年9月~12月下旬にチケットを販売しておりUSJほか、ローソン、旅行代理店のパックツアーなどでも購入できます。1日午前0時になると、新年を祝う花火が空高く打ち上げられ、ホグワーツ城は花火の光が反射し、とても美しい光景に様変わりします。

昨年の様子はこちらです

まとめ

カウントダウンを楽しむ際には、帰りの交通手段は必ずチェックしておくことが大切です。電車は臨時ダイヤで運転していることが多いですが、駅から離れている場合には駅までのアクセス方法を確認しておくとよいでしょうね。

Sponsored Links
ひらべっちゃ

ひらべっちゃ

投稿者プロフィール

大阪生まれの大阪育ち、大阪在住の40代、歳の差10歳の2児の母やってます。
若い頃から食べ物にかなりのお金を投資してきた結果、脂肪が増えました。
オーガニックな食材からジャンクなものまで幅広く摂取可能。
健康に関しても自然療法から西洋医学まで幅広く習得。
ふり幅の大きい人生経験を生かし、お得情報を発信したいです~♪

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 関空

    2016年関空展望ホールの初日の出と混雑の詳細情報

    関空展望ホール「スカイビュー」は、関西国際空港の展望スポットとして知られています。元旦には初日の出を…
  2. 梅田スカイビル

    2016年 梅田スカイビルの初日の出と混雑の詳細情報

    大阪の中心部に聳える梅田スカイビルは、当日でも展望台に上ることができるため、人気の初日の出スポットと…
  3. あべのハルカス

    2016年あべのハルカスの初日の出と混雑の詳細情報 

    高さ300メートル、日本一の高さを誇るあべのハルカスは、まさに大阪のシンボルとしてすっかり定番のスポ…
  4. 住吉大社

    住吉大社の初詣と駐車場の詳細情報

    住吉大社は毎年、200万人以上が参拝に訪れる、大阪を代表する初詣スポットです。今回は住吉大社の混雑状…
  5. 石切神社

    石切神社の初詣と駐車場の詳細情報

    石切神社の正式名称は「石切劔箭神社」といい、県外からも初詣に多くの人が訪れます。地元では「初詣は石切…
ページ上部へ戻る