祝!ご入学 小学校の入学祝い、相場は?

Sponsored Links

春、早く来て欲しいですね。春といえば、卒業や入学のシーズン。「今年は甥っ子、小学校に入学やったなあ。お祝い、どないしたらええやろ?」そんなお悩みを解決していきましょう。

送る相手との関係

入学お祝い袋

「友達の子も入学やけど。お祝いした方がええん?」

どこまでの相手に渡すか、迷うところ。

入学祝いは、ごく親しい身内で行う内輪のお祝い事、そやから、

  • ご両親からお子さんへ
  • おじいちゃんおばあちゃんからお孫さんへ
  • 叔父さん叔母さんから甥っ子姪っ子へ
  • お姉さんお兄さんから弟、妹へ(年が離れている場合)

親族ではこれぐらいの関係性。

友人の場合は、親しい付き合いをしている時だけでいいようです。職場の同僚や軽いお付き合いの相手のお子さんにはしなくても失礼に当たらへんよ。

「『義理』でしなくてええんやね〜」

送るタイミング

入学の2〜3週間前がベストです。遅くても1週間前には送っておきたいところ。

どうしても遅れてしまった場合や、うっかり忘れていた場合でも、「遅れてごめんね」という気持ちを添えて渡してあげたら喜ばれるでしょう。

ピカピカの一年生の大事なセレモニー、できれば遅れずに渡してあげましょう。入学準備にも役立つやろうしね。

「忘れたらあかんわ、すぐに準備しとこ!」

Sponsored Links

金額の相場は?

「なんぼくらいつつんだらええんやろ?」

親族の場合は一万円が相場みたいやね。目安で考えて。

例えば若い叔父さん叔母さん、年の離れたお兄さんお姉さんの場合は、5千円でも大丈夫やろうし。お金ではなく、お子さんの欲しいものや文具など買って渡すのも喜ばれると思います。

友人、知人の方が送るときは3〜5千円が相場やね。

相手が気を使わない程度がベスト

「あんまし無理せんとこ。気ぃ遣わせたらかえって悪いわ」

祝儀袋は紅白の蝶結びの水引が印刷されているもので十分ですが

最近は色んな祝儀袋が販売されいていて、かわいいものも出てますね。

入学お祝い袋

表書きは、「入学御祝」「 祝御入学」など。

新一年生になるお子さんのほかに兄弟姉妹がいてる場合は、進級祝いも渡してあげるのもいいと思います。家庭によってお子さんの数が違うので、臨機応変に。

お返しはする?

目線が変わるけど、入学祝いを頂いた時はどうしたらええの?

「お返しってせなあかんの?」となった場合。

内輪の祝いごとなので、基本的にはお返しはしなくて大丈夫

頂いたらなるべく早く、お礼の言葉を伝えましょう。相手の方が喜んでくれる方法を選ぶのがいいですね。お礼状ならお子さんの文字をそえたり、電話やでやったらお子さんから直接ありがとうを伝える、入学式の晴ればれしい写真をメールで送る、など。

お返しをした方がよい場合もあります。

お子さんがいない方に高価なお祝いを頂いた場合は、お返しもした方がいいかもしれんね。

そのときは「内祝い」を贈ります。お金でも品物でも、のしは紅白の 蝶結びの水引を使い、上に「内祝い」、下にお子さんの名前を書きます。

お金で頂いたのなら、頂いた金額の三分の一〜半分くらいを目安にします。品物で頂いたときもそれを目安に。あまり多く返しすぎると失礼にあたるやろうし、かえって気を遣わせへんようにしましょう。

まとめ

お祝い事をスマートにこなせるためにも、普段からお祝いを頂いたら、名前と金額を記録しておくのがおすすめ。戴き過ぎや渡し過ぎにならへんように。

入学を迎えるお子さんにとっては楽しみであると共に未知の世界に踏み出すスタート。不安もあるかもしれません。

「学校、楽しいとこやでー。」と勇気づけてあげれるようなお祝いができますように。

そんな思いがお祝いの本体、お金や品物はオマケかもしれへんね。でも、子供はオマケが大好きやから、きっと大喜び。

Sponsored Links

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 子供の傘の適正サイズは?

    なんでも自分でしたがる2~3歳児、もちろん傘も。 大人用の傘をさしたがっていたかと思えば、店頭で子…
  2. 子連れで楽しめる!日帰りできる関西のお出かけスポット

    夏休みももうすぐ。 子どもたちから「どっかつれてって~」と言われるし、大人も気晴らししたいわぁ…と…
  3. ぷにぷにスライム 作り方と分量を知って子供と一緒に遊ぼう!

    独特の感触が人気のスライム。 あのぷにぷにした感触と伸び具合に、なんか不思議やけど気持ちいい!と夢…
  4. 毎年悩む父の日のプレゼント アイディア4選!

    毎年やってくる父の日。 こういう時にしか日頃の感謝をなかなか伝えることがで、この日があってありがた…
ページ上部へ戻る