祝!御入学 小学校の入学祝い、女の子に贈って喜ばれるものは?

Sponsored Links

卒業入学のシーズン。

「友達の子どもに小学校の入学祝いしてあげたいんやけど。現金もなんやし…。6才の女の子ってどんなもん贈ったら喜んでくれるやろか?」

 こんなことで迷ってしまうこともありますよね。

予算

相手に気を遣わせないことが大切。この場合やと、友人のお子さんやということで。相場で考えると、お金で贈るなら3000〜5000円ぐらい、それくらいで品物を選んであげるといいやろね。

 ご両親からお子さんへ、おじいちゃんおばあちゃんからお孫さんへという場合はランドセルや学習机、制服がない場合は入学式に着ていける洋服などをお祝いにすることもあると思います。

それ以外のもう少しお手軽なプレゼントをみていきましょう。甥っ子さん、姪っ子さん、お友達のお子さんに、と考えてるかたの参考になればええんやけど。

Sponsored Links

選ぶ時のポイント

園児から学生になるんで、本人はとても大人になった気でいることやろうから、ちょっと今までよりも大人っぽいもの、長く使えるものなんかを送りたいところ。

キャラクターものはよく考えて。すぐに飽きてしまったらもったいない。キャラクターもんにするんやったら、消耗品にするのが無難やね。

お子さんの欲しいもの、色や柄の好み、細かいところまでリサーチできたら一番ええんやけど…。

例えば「ペンケース」が欲しかった子に、それをプレゼントしたとして。「ペンケース欲しかったんやけど…。こんなんちゃうねん、欲しかったんは … 」なんて残念ですよね。泣く泣く「ありがとう」と子どもに言わせないように。

ひとつあるとなかなか次のを買ってもらえないものの場合は気をつけて。逆に消耗品やたくさんあってもいいものなら少々好みを外しても大丈夫やと思います。友達にあげたり交換したり、と 楽しんでくれるやろうね。

pencil

おすすめの品

具体的になにがいいかみていこうと思います。

文房具

集めるの好きな女の子、いてたなあ。かわいい鉛筆や消しゴムとか。

おすすめはえんぴつ。名前を掘ってくれるサービスがあります。芯の硬さを学校で指定されてれるかどうか、確かめた方が無難です。

絵の具セット

絵の具、パレット、筆、筆洗いなどがケースにセットされてるものがあります。価格も3500円前後でちょうどいいんとちゃうかなあ。

色鉛筆

36色や48色のもの、憧れやったわー、と思わず過去を振り返ってしまいます。絵を描くのが好きなお子さんに喜んでもらえそう。

学校で使えるものでみていきます。

弁当箱や水筒

体も大きくなっていくので、新調の機会やと思います。ステンレスの保温保冷機能のある水筒は活躍しそう。

折り畳みのものもひとつあると助かるやろうね。

リュックサック

課外授業や遠足に活躍。アウトドア系のブランドで子ども向けの商品を展開してます。私も時々モンベルやPatagoniaのお店に行きますが、商品を選ぶのにとても親切にアドバイスしてくれます。長く使えるものを選んであげましょう。

ハンカチ

女の子はかわいいもん、大好き。タオル地やガーゼのものも使いやすいんちゃうかな。

放課後や家庭で使うもの

エプロンや子ども向けの包丁

料理に興味を持つきっかけになるかも。

時計

目覚まし時計があると、自分で起きな!と頑張ってくれるかも。長く使えるもののひとつやと思います。

洋服や小物

制服のない学校やったら、これは親御さんも大喜びやろね。Tシャツ、靴下、助かること間違いなし。

かばん類はいかがでしょう。放課後や休みの日に使えるポシェットや小振りのバッグなんかはオシャレに目覚めた女の子、喜ぶと思います。

まとめ

入学祝いをお金で贈るときと同じで、親御さんに気を使わせへんようにしましょう。

金額は目安ぐらいに思って。ささやかなものでも子どもにとって嬉しかったら、それが一番やと思います。

優しい気持ちで選んだら 間違いなしです。

Sponsored Links

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 子供の傘の適正サイズは?

    なんでも自分でしたがる2~3歳児、もちろん傘も。 大人用の傘をさしたがっていたかと思えば、店頭で子…
  2. 子連れで楽しめる!日帰りできる関西のお出かけスポット

    夏休みももうすぐ。 子どもたちから「どっかつれてって~」と言われるし、大人も気晴らししたいわぁ…と…
  3. ぷにぷにスライム 作り方と分量を知って子供と一緒に遊ぼう!

    独特の感触が人気のスライム。 あのぷにぷにした感触と伸び具合に、なんか不思議やけど気持ちいい!と夢…
  4. 毎年悩む父の日のプレゼント アイディア4選!

    毎年やってくる父の日。 こういう時にしか日頃の感謝をなかなか伝えることがで、この日があってありがた…
ページ上部へ戻る