ひな祭りの由来 子供向けの解説!

Sponsored Links

3月3日の桃の節句。

雛人形や桃の花を飾ったり、ちらしずし、ハマグリのお吸い物やひなあられを戴いたりしますよね。

昨年の我が家のひな祭りは、1歳だった娘も飾ってある雛人形などに、ただただ『気になる~』『何これ~?』くらい(だったと思われる)でしたが、今年はどんな感じになるんかなぁ。

まだ2歳になったばかりなので、『なんでお雛様飾るん?』なんて質問はまだ出てこないと思うのですが、近い将来に聞かれたら…

その時に備えて、小さな子にもわかりやすく伝えられるように、ひな祭りの由来など勉強してみました!

hinaningyou

ひな祭りの由来と歴史

遡ること奈良時代に…古代中国では、「季節の変わり目(節句)は災いをもたらす邪気が入りやすい」と考えられ、3月の最初の巳の日(上巳)に水辺で禊(みそぎ)、身の穢れを人形に移して川へ流す厄払い行事を行う風習があり、それが遣唐使によって日本に伝わったといわれています。

そして、平安時代…宮中行事となり、宮廷婦人や子供たちの間で「ひいな遊び」という人形に移り変わります。

江戸時代・徳川幕府には、上巳の節句が「五節の句」の一つ、重要な年中行事として、女の子のために雛人形を飾り、盛大なひな祭りが行われるように。

それが全国・庶民へと広がり、現代では、女の子が生まれると雛人形を用意して、その子の形代(かたしろ)として飾り、「健やかに成長し、お雛様のように良縁に恵まれ、幸せになりますように」と願いを込めて「初節句」を行う風習へ。

なんとなく女の子のお祝いの日♪くらいにしか思っていなかった私です(お恥ずかしい…)。

そして、もう一つ。

漢の時代の中国の3月3日、生まれて3日目に亡くなった3人の女児を悼む儀式が起源とする説もあるようです。
嘆き悲しむ親のために村人たちが酒を持ち寄り、女の子を清めて水葬したことから、この日は女の子の厄を払い、健やかな成長を願う日となりました。

現在でも「流し雛」を行っている地域は、その名残だとか。
その一つとして、京都の下鴨神社が有名だそうです。

Sponsored Links

桃の花を飾る理由

momomasu

古代中国では、桃には厄払いや魔よけの力があり、百病を除くとも言われていて、3月3日に桃の花を浮かべたお酒を飲んだり、桃の葉を入れたお風呂に入っていたりしていたそうです。
その生命力の象徴とも言われる桃をひな祭りに飾る習慣が続いているようです。

ちらし寿司、ひなあられの持つ意味

<ちらし寿司>

えび(=長生き)、レンコン(=見通しがきく)など具の示す意味が、健やかな成長を願うひな祭りにふさわしいということで食べられるようになった説と、いろいろな具が混ざり合っていることから、食べ物に困らないようにと願いも込められているようです。

chirashizushi02

<ひなあられ>

関西では、菱餅を小さく切ってあげたもの。(これまた知りませんでしたっ)
その菱餅は、下から緑(=新芽)、白(=雪)、桃(=花)と重ねられていて、「雪の下には新芽が出てきて、桃の花が咲く」と春の訪れを表しているものだそうです。

hinaarare

子供向けにわかりやすくしてみると…

おひな祭りはね。昔々、春が来る前に悪いことが起きると思われていて、「子供たちに病気や悪いことが起きませんように」て、お人形さんに子供たちの代わりに病気になっててもらっててん。
そのお人形さんにお着物着せて遊んだりするようになって、それがお雛さんになって、今は雛人形を飾って、元気に大きくなって幸せになりますようにお願いして、春が来るのを待つ日になってんよ。

かなり端折った感がありますが、これで娘に伝わるかな~。

まとめ

私自身、ひな祭りに纏わるいろいろ、お恥ずかしながら全然知りませんでした(苦笑)
娘の初節句も、義両親をお招きしてバタバタとイベントとして過ごしてしまったことに反省。。
次回は改めて、それぞれの意味、娘の「健やかな成長、良縁、幸せ」を願いながら、ひな祭りを過ごしたいと思います。

Sponsored Links
fleur

fleur

投稿者プロフィール

東京在住。
主人の転勤により、生まれて初めて大阪を離れることになり、思っていた以上に関西が恋しい、2歳の娘がいるアラフォーのワーママです。
2014年にプリザーブドフラワーのディプロマを取得。と共に一眼レフも始めてみました。
関西のお得情報を少し離れた視点からもお届けできたらと思います。

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 金華山

    2017年長良川の花火大会の穴場スポットと観覧席情報

    第61回全国選抜長良川中日花火大会と全国花火大会は、7月下旬と8月上旬に開催される岐阜県の長良橋下流…
  2. 観覧車

    2017年長島温泉の花火大会の日程と穴場スポット情報

    長島温泉花火大競演は、三重県桑名市にある遊園地で開催される花火大会です。今回はこの花火大会の日程や穴…
  3. 子供の傘の適正サイズは?

    なんでも自分でしたがる2~3歳児、もちろん傘も。 大人用の傘をさしたがっていたかと思えば、店頭で子…
  4. 子連れで楽しめる!日帰りできる関西のお出かけスポット

    夏休みももうすぐ。 子どもたちから「どっかつれてって~」と言われるし、大人も気晴らししたいわぁ…と…
  5. ぷにぷにスライム 作り方と分量を知って子供と一緒に遊ぼう!

    独特の感触が人気のスライム。 あのぷにぷにした感触と伸び具合に、なんか不思議やけど気持ちいい!と夢…
ページ上部へ戻る