2016年御坊市花火大会の日程・穴場スポット・駐車場情報

Sponsored Links

御坊市花火大会は、和歌山県御坊市で開催される毎年4万人が訪れる花火大会です。ローカルな人が多く訪れることから、極端な混雑がなくゆっくりと花火を楽しむことができます。今回は御坊市花火大会の日程や見どころ、穴場スポットなどについてご案内していきます。

2016年の日程

2016年の御坊市花火大会の正式なスケジュールはまだ発表されていませんが、毎年8月の第四土曜日に開催されており、今年は8月27日(土)であると予想されています。尚、荒天の場合は翌日に延期されます。

花火の開催時間は20時~21時、開催場所は日高川河川敷で紀州鉄道西御坊駅から徒歩13分、JR御坊駅から徒歩25分、阪和道御坊ICから車で10分となっています。尚、この花火大会では有料席の販売はありません

Sponsored Links

花火大会の見どころ

御坊市花火大会では約2400発の花火が御坊の空に美しく彩ります。

開催場所が河川となっていることから、川に花火が線対称に写し出され、とても幻想的な光景を楽しむことができます。

また水中花火と河川敷での打ち上げ花火の両方を楽しめることも、この花火大会の醍醐味。特に水中花火とスターマインの競演やスライドショーはとても見応えがあります。

こちらが過去の様子の動画です。

周囲に遮るものがないからこそ、とてもきれいに花火を鑑賞することができます。さらに「特別鑑賞玉」として打ち上げられる大玉8号玉の10連発花火も必見となっています。

穴場スポット

穴場スポットにお勧めなのが、日高川の下流にある天田橋付近。ローカルな花火大会だからこそ、少し会場から離れることで混雑を避けてきれいに花火を見ることができます。

駐車場と交通情報

会場には合計で1000台の無料駐車場が用意されており、御坊市役所や御坊小学校などを利用できます。

またこの花火大会では、他の花火大会と比べると近くのスーパーやショッピングセンターが花火客に対して、比較的寛容に駐車場を開放していることも魅力の一つ。ただし花火大会当日、会場周辺の道路では交通規制が行なわれます。また熊野街道や湯浅御坊道路はとても混雑し、行きよりも帰りの方が混雑が激しくなる傾向にあるので、注意が必要です。

まとめ

御坊市花火大会はさほど規模が大きくはないことから、場所取りなど争奪戦がなくゆったりと花火を楽しめることも魅力の一つです。

また河川敷が会場となっていることから、比較的涼しい環境で花火を鑑賞でき、子連れなどにもお勧めの花火大会といえるでしょう。

Sponsored Links
ひらべっちゃ

ひらべっちゃ

投稿者プロフィール

大阪生まれの大阪育ち、大阪在住の40代、歳の差10歳の2児の母やってます。
若い頃から食べ物にかなりのお金を投資してきた結果、脂肪が増えました。
オーガニックな食材からジャンクなものまで幅広く摂取可能。
健康に関しても自然療法から西洋医学まで幅広く習得。
ふり幅の大きい人生経験を生かし、お得情報を発信したいです~♪

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 関空

    2016年関空展望ホールの初日の出と混雑の詳細情報

    関空展望ホール「スカイビュー」は、関西国際空港の展望スポットとして知られています。元旦には初日の出を…
  2. 梅田スカイビル

    2016年 梅田スカイビルの初日の出と混雑の詳細情報

    大阪の中心部に聳える梅田スカイビルは、当日でも展望台に上ることができるため、人気の初日の出スポットと…
  3. あべのハルカス

    2016年あべのハルカスの初日の出と混雑の詳細情報 

    高さ300メートル、日本一の高さを誇るあべのハルカスは、まさに大阪のシンボルとしてすっかり定番のスポ…
  4. 住吉大社

    住吉大社の初詣と駐車場の詳細情報

    住吉大社は毎年、200万人以上が参拝に訪れる、大阪を代表する初詣スポットです。今回は住吉大社の混雑状…
  5. 石切神社

    石切神社の初詣と駐車場の詳細情報

    石切神社の正式名称は「石切劔箭神社」といい、県外からも初詣に多くの人が訪れます。地元では「初詣は石切…
ページ上部へ戻る