2016年岩出の花火大会の日程・穴場スポット・屋台の情報

Sponsored Links

いわで夏祭りは、和歌山県岩出市で開催される毎年3万6000人が訪れる花火大会です。今回はこの花火大会の日程や見どころ、屋台などの情報についてご案内していきます。

2016年の日程

いわで夏祭りは、毎年夏休みの最後の土曜日となる8月27日に開催される予定で、雨天の時は翌日に順延されます。

開催場所は岩出市西野の紀の川河川敷大宮緑地総合運動公園

アクセスはJR船戸駅から徒歩15分、JR岩出駅から徒歩20分、阪和道和歌山北ICから車で20分となっており、駐車場も完備されています。

開催時間は19時45分から20時20分、有料席の販売はありません

Sponsored Links

駐車場情報

会場には無料の駐車場が1600台完備(14:00-22:00)されており、車でのアクセスも可能です。ただし地方で開催される花火大会としてはやや駐車場の台数が少ないので、なるべく早めに会場に足を運ぶことがお勧めです。また当日会場周辺エリアは14時~22時の間、交通規制が行われるので注意が必要です。

見どころや穴場スポット

花火の打ち上げ本数は3000発と小規模ながらも、打ち上げの高度が他の花火大会に比べ低いことから、間近で大迫力の花火を楽しむことができます。

こちらが過去の様子の動画です。

舞台が河川となっているので、川の水面に花火が線対称に映し出され、とても美しい光景を楽しむこともできる様子が伝わってきます。

花火大会では連続打ちやスターマイン、市民が花火をメッセージに託すことができるメッセージ花火などあり、アットホームな雰囲気に包まれています。

穴場スポットにお勧めなのが、会場に近い岩出大宮神社や護国神社の境内。地元の人しか知らないため、境内は小さいものの混雑を避けて花火を鑑賞することができます。

また船戸駅側の紀の川の土手付近もお勧め。会場の運動公園とは反対側になりますが、会場が目の前なので会場で見るのと変わらない迫力を楽しむことができます。また和歌山バイパスのTSUTAYA付近は、会場から5分ほど離れていますが、会場への道のりと異なることから、駅からの混雑を避けることができます。

イベントと屋台情報

毎年花火大会に合わせて16時~21時半の間お祭りが開催されます。

お祭りでは岩出おどり、根来鉄砲隊演武、地元アイドルによるライブイベント屋台などの催しが行われます。花火が始まる前に会場に足を運べば、お祭り気分を満喫することができることでしょう。

まとめ

いわで夏祭りの見物客は県外から訪れる人も多く、子供から大人まで幅広い年齢層に愛されているお祭りです。ひどい混雑もないことから、場所取りの争奪戦なども少ないこともこの花火大会の魅力の一つです。屋台では地元のご当地グルメなども販売されているので、県外の見物客にとって旅行気分を味わうこともできることでしょう。

Sponsored Links
ひらべっちゃ

ひらべっちゃ

投稿者プロフィール

大阪生まれの大阪育ち、大阪在住の40代、歳の差10歳の2児の母やってます。
若い頃から食べ物にかなりのお金を投資してきた結果、脂肪が増えました。
オーガニックな食材からジャンクなものまで幅広く摂取可能。
健康に関しても自然療法から西洋医学まで幅広く習得。
ふり幅の大きい人生経験を生かし、お得情報を発信したいです~♪

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 関空

    2016年関空展望ホールの初日の出と混雑の詳細情報

    関空展望ホール「スカイビュー」は、関西国際空港の展望スポットとして知られています。元旦には初日の出を…
  2. 梅田スカイビル

    2016年 梅田スカイビルの初日の出と混雑の詳細情報

    大阪の中心部に聳える梅田スカイビルは、当日でも展望台に上ることができるため、人気の初日の出スポットと…
  3. あべのハルカス

    2016年あべのハルカスの初日の出と混雑の詳細情報 

    高さ300メートル、日本一の高さを誇るあべのハルカスは、まさに大阪のシンボルとしてすっかり定番のスポ…
  4. 住吉大社

    住吉大社の初詣と駐車場の詳細情報

    住吉大社は毎年、200万人以上が参拝に訪れる、大阪を代表する初詣スポットです。今回は住吉大社の混雑状…
  5. 石切神社

    石切神社の初詣と駐車場の詳細情報

    石切神社の正式名称は「石切劔箭神社」といい、県外からも初詣に多くの人が訪れます。地元では「初詣は石切…
ページ上部へ戻る