2016年四日市花火大会の穴場スポット情報

Sponsored Links

四日市花火大会は毎年4万人が訪れる、三重県四日市を代表する夏の花火大会です。今回はこの花火大会の日程や見どころ、穴場スポットについてご案内していきます。

2016年の日程

2016年は8月21日(日)に開催される予定となっており、時間は19時15分~20時30分となっています。開催場所は四日市港富双緑地で、JR富田駅から徒歩約15分、又は近鉄富田駅から徒歩約25分となっています。尚、専用の駐車場はありません。

Sponsored Links

穴場スポット

穴場スポットにお勧めなのが、会場に近いジャスコ四日市北店の屋上駐車場。高台から見渡すことができるので、ダイナミックな花火を楽しむことができます。買い物を楽しんだ後に花火を楽しめることも、魅力の一つです。

花火大会の見どころ

四日市花火大会では3台の台船から多彩な約4000発の花火が打ち上げられます。こちらが過去の様子の動画です。

次から次へと豪華絢爛な花火が打ち上げられている様子がとても印象的です。

この花火大会の最大の見どころといえるのが、特大スターマイン。まるで四日市の空に光のカーテンがかかっているかのような幻想的な光景を楽しむことができます。

また誕生日祝い、結婚記念などメッセージが読み上げられる、市民がスポンサーとなるメモリアル花火も好評。この花火大会らしいアットホームな雰囲気が楽しめます。

その他音楽と花火がコラボレーションしているミュージックスターマインやワイドスターマインなども見どころの一つ。FM放送をBGMとしているユニークなスタイルも、この花火大会ならではの魅力です。

駐車場情報

会場には専用の駐車場がないため、民間の駐車場を利用するようになりますが、駅周辺には大きな駐車場は多くありません。

そこでお勧めなのが穴場スポットと同じジャスコの駐車場。2200台完備されており、無料で利用できます。ただしあくまでも買い物客専用の駐車場なので、ショッピングも合わせて楽しむようにしましょう。また会場までは徒歩で10分程度となっています。

座席の購入や場所

この花火大会では有料席もあり、よりゆっくりと鑑賞したい方にはお勧めです。テーブル席は6名15,000円(指定席)シート席2名4,000円(指定席)イス席1名2,000円(指定席)芝生席1名2,000円(自由席)で販売されます。チケットぴあやローソンチケットにて購入することができます。また残ったチケットは当日券として販売されます。

まとめ

四日市花火大会は、地方で開催される花火大会としては珍しく専用の駐車場がありません。最寄り駅周辺の駐車場は非常に混雑するため、少し離れた駅に車を停めて、会場まで移動することもお勧めです。

Sponsored Links
ひらべっちゃ

ひらべっちゃ

投稿者プロフィール

大阪生まれの大阪育ち、大阪在住の40代、歳の差10歳の2児の母やってます。
若い頃から食べ物にかなりのお金を投資してきた結果、脂肪が増えました。
オーガニックな食材からジャンクなものまで幅広く摂取可能。
健康に関しても自然療法から西洋医学まで幅広く習得。
ふり幅の大きい人生経験を生かし、お得情報を発信したいです~♪

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 母の日

    義理母に送る母の日メッセージ!結婚年数で変化する文章と4つのポイント

    当然の事ですが、結婚するとお母さんと呼べる人が1人増えます。なので、母の日の贈り物は2人分になります…
  2. 関空

    2016年関空展望ホールの初日の出と混雑の詳細情報

    関空展望ホール「スカイビュー」は、関西国際空港の展望スポットとして知られています。元旦には初日の出を…
  3. 梅田スカイビル

    2016年 梅田スカイビルの初日の出と混雑の詳細情報

    大阪の中心部に聳える梅田スカイビルは、当日でも展望台に上ることができるため、人気の初日の出スポットと…
  4. あべのハルカス

    2016年あべのハルカスの初日の出と混雑の詳細情報 

    高さ300メートル、日本一の高さを誇るあべのハルカスは、まさに大阪のシンボルとしてすっかり定番のスポ…
  5. 住吉大社

    住吉大社の初詣と駐車場の詳細情報

    住吉大社は毎年、200万人以上が参拝に訪れる、大阪を代表する初詣スポットです。今回は住吉大社の混雑状…
ページ上部へ戻る