2016年長島温泉の花火大会の日程と穴場スポット情報

Sponsored Links

長島温泉花火大競演は、三重県桑名市にある遊園地で開催される花火大会です。今回はこの花火大会の日程や穴場スポットについてご案内していきます。

今年の日程と入場料

長島温泉花火大競演は三重県桑名市にある「ナガシマスパーランド」で行われる花火イベントです。2016年は8月6日~9月4日の毎週土・日曜と、8月11日~16日の間に行われ、

開催時間は20時~20時25分となっています。夏休み期間に合わせて開催されるので、温泉と花火をダブルで楽しむことができます。

入場料は通常は大人(中学生以上)1600円、小学生1000円、2歳~未就学児500円となっていますが、花火大会当日は19時以降のみ入場できるチケットも販売されます。大人800円、小学生400円、2歳~未就学児200円となっており、とてもリーズナブルな価格で花火と遊園地を楽しむことができます。

Sponsored Links

花火イベントの魅力

この花火大会の魅力は全国各地から花火師たちが日替りで登場し、バライティ豊かな花火を楽しむことができます。

打ち上げ総数は1500発ですが、目の前で繰り広げられる庭園花火や夜空を色鮮やかに染めるスターマインなど、意匠を凝らした内容で楽しませてくれます。こちらが昨年の様子の動画です。

遊園地が舞台とは思えないほど、豪華絢爛な花火がとても印象的です。

また場内には美しく花火を鑑賞できる芝生広場の特別観覧席が設けられるので、会場に早めに足を運んでベストスポットを確保してみることもお勧め。

遊園地内からであれば、花火をどこからでも鑑賞することができ、アトラクションと花火をダブルで楽しむことができます。また花火大会が行われる日は、遊園地は22時まで営業しており、花火大会が終わった後も遊園地を満喫できます。

穴場スポット情報

ロマンチックなムードを楽しめる場所にお勧めなのが、観覧車。花火を多角的にみることができることも魅力の一つです。

またキッズタウンは遊園地の全景を見渡すことができる穴場スポット。アトラクションの光と花火がコラボレーションして、とてもムード溢れる光景を見ることができます。

観覧車

By: f59t8y

交通混雑状況

花火大会が行われる日は、会場内の芝生広場の特別観覧席には5000人の席が設けられていますが、それでも1時間前には非常に混雑をするので、なるべく余裕を持って会場に訪れるようにしましょう。

また周辺の道路も花火大会当日は非常に混雑をします。3キロメートル手前付近から18時過ぎから大渋滞となることも多いので、注意が必要です。

まとめ

長島温泉花火大競演は、他の花火大会とは異なり遊園地が舞台の花火大会です。特別観覧席からじっくりと鑑賞をしたり、アトラクションとともに花火を楽しめることは何よりの醍醐味。昼間から遊園地を訪れれば、充実した夏休みの思い出を作ることができるでしょう。

Sponsored Links
ひらべっちゃ

ひらべっちゃ

投稿者プロフィール

大阪生まれの大阪育ち、大阪在住の40代、歳の差10歳の2児の母やってます。
若い頃から食べ物にかなりのお金を投資してきた結果、脂肪が増えました。
オーガニックな食材からジャンクなものまで幅広く摂取可能。
健康に関しても自然療法から西洋医学まで幅広く習得。
ふり幅の大きい人生経験を生かし、お得情報を発信したいです~♪

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 関空

    2016年関空展望ホールの初日の出と混雑の詳細情報

    関空展望ホール「スカイビュー」は、関西国際空港の展望スポットとして知られています。元旦には初日の出を…
  2. 梅田スカイビル

    2016年 梅田スカイビルの初日の出と混雑の詳細情報

    大阪の中心部に聳える梅田スカイビルは、当日でも展望台に上ることができるため、人気の初日の出スポットと…
  3. あべのハルカス

    2016年あべのハルカスの初日の出と混雑の詳細情報 

    高さ300メートル、日本一の高さを誇るあべのハルカスは、まさに大阪のシンボルとしてすっかり定番のスポ…
  4. 住吉大社

    住吉大社の初詣と駐車場の詳細情報

    住吉大社は毎年、200万人以上が参拝に訪れる、大阪を代表する初詣スポットです。今回は住吉大社の混雑状…
  5. 石切神社

    石切神社の初詣と駐車場の詳細情報

    石切神社の正式名称は「石切劔箭神社」といい、県外からも初詣に多くの人が訪れます。地元では「初詣は石切…
ページ上部へ戻る