ママも淋しい卒乳(断乳)。。スムーズな進め方と意外な方法とは?

Sponsored Links

卒乳(断乳)は、これまたママの大きな課題の一つですよね。
なるべくやったら、あまり辛い思いをさせずにできたらいいなぁと思うもの。
自然な卒乳が理想的やけど、そうは言ってられない色んな事情も出てきますよね。
なるべくスムーズに進められるヒントをご紹介します!

タイミングの目安

何歳などと決まってはなく、それぞれの事情や赤ちゃんの成長等に合わせて進めます。
タイミングに迷われている方は、次も目安にして下さいね。

  • 離乳食などで栄養が取れている
  • ストローやコップを使える
  • 母子ともに体調がいい
  • ママ・パパに気持ちの余裕がある

また、春・秋の気候の良い季節が体調を崩しにくく、卒乳を始めるのに良いとも言われています。
でも、1番はママの固い決意!
泣かれても負けずに卒乳する!という気持ちになったら、始めてみましょう。

Sponsored Links

卒乳のスムーズな進め方とコツ!

  1. 授乳時間を短くしたり、ミルクの量を減らす
    数日様子を見て、赤ちゃんがグズらず大丈夫そうであれば、次のステップへ。
    母乳ママは、乳腺炎防止のためにも徐々に減らすことをおススメします。
  2. 飲ませる回数を減らす
    昼間の授乳から減らすと、他のもので代用が効くのでおススメ!
    欲しがったら、おやつやお茶をあげたり、一緒に遊んだり、気持ちを違う方向へ!
    また数日続けて、平気そうであれば次へ。
  3. おっぱい、哺乳瓶をやめる
    一般的には、3日間が目安です。
    ここを乗り切ったら、赤ちゃんも諦める事が多いので、どんなに赤ちゃんが欲しがって大泣きしても、ママも負けずに頑張って!!

他で栄養が取れている場合は、気持ちの安定のために依存している場合も。
1か月位前から「もう少ししたら、おっぱい(ミルク)、バイバイね」など言い聞かせながら、始めるのも効果的です。

母乳の場合は、周囲の協力も必須!!
寝かしつけやお風呂をパパなどにお願いして、なるべくおっぱいを意識させない状況に。
3のおっぱいを止める時は、連休など周囲の協力が得やすい時がおススメです。

赤ちゃんの大泣きに根負けしたり、予定通りにいかずに途中で止めてしまったら…
焦って続けても、うまくいかないので、2~3か月空けてから、気持ち新たに再チャレンジを!

巷では有名?!こんな方法で止めた人も

おっぱいにアンパンマンなどの顔を書く方法。
私の周りでは何人か成功しています。
「ママのおっぱい、もうすぐアンパンマンになるんやって!アンパンマンになったら、おっぱいおしまいね」と数日前から予告。
ママが止めると決めた日の前日に「ママのおっぱい、明日アンパンマンになっちゃうねん」とお知らせ。
その日は、思い切り授乳してあげます。
翌日、油性ペンでおっぱいにアンパンマンを描いておきます。
欲しがって、ママのおっぱいを見たら…
今まで見ていたおっぱいと違う!と拒否感で飲まなくなっちゃう様です。
2,3日それを続けた人もいますが、結構あっさり飲まなくなるみたいです。
おっぱいを見たときの驚き顔がすごく可愛くて面白くて、ビデオ撮ったら良かった~という人が多いです。それを実際とったおうちも。
大きくなってから一緒に見るのも楽しみですね~
そして、この方法のデメリットは…
おっぱいだけで無く、ちょっとの間、ママも敬遠されちゃう場合も。
パパや他に甘える大人が一緒にいてあげられる日に試してくださいね。

また、言葉がわかるくらいの子供には、絆創膏を貼って「おっぱい痛いの」というと、心配して諦めてくれることも。
お子さんの様子に合わせて、いろんな方法を試してみてくださいね。

卒乳できた!子供の様子に変化は?

卒乳すると、「朝まで起きない」「寝かしつけが楽に」など、ママには嬉しい変化も!
でも、授乳の時の安心感が無くなり指しゃぶりを始めたり、お気に入りのぬいぐるみやタオルなどが手放せなくなる子も
その場合、無理に取り上げず、満足するまで持たせてあげましょう。
一番の安定材料は、パパやママとのコミュニケーション、積極的にスキンシップを!

まとめ

「卒乳」は、ママにとって大きな決断。
お互いが安心感を持てる「授乳」が無くなるとなると、赤ちゃんもママも淋しくなるんよね。
だけど、子供の自立と成長の為に、いつかは超えないといけない壁。家族みんなで乗り越え、温かく子供の成長を後押ししてあげましょ。

無事卒乳できたら、ママのおっぱいのケアも忘れずに!
母乳のママは突然出なくなるわけではないので、排乳させたり乳管が詰まらないようにしましょう。
専門家のケアを受けるのもおススメです。

Sponsored Links

関連する人気の記事はこちら

Mom deer

Mom deer

投稿者プロフィール

生粋の奈良県民、40代で子ども2人のワーママです。
数年前まで子どもに関わるお仕事をしていたので、いろんなお子さんを見てきた経験から、子育ての悩み解消に、お役に立てたらなぁと思っています。
美容・健康についても興味あり!なかなか成果は出ませんが、アンチエイジングをめざし、日々奮闘中です。
身近なお得情報を、主婦視点・教育視点を交えつつ、お届けできたらと思います。

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 母の日

    義理母に送る母の日メッセージ!結婚年数で変化する文章と4つのポイント

    当然の事ですが、結婚するとお母さんと呼べる人が1人増えます。なので、母の日の贈り物は2人分になります…
  2. 関空

    2016年関空展望ホールの初日の出と混雑の詳細情報

    関空展望ホール「スカイビュー」は、関西国際空港の展望スポットとして知られています。元旦には初日の出を…
  3. 梅田スカイビル

    2016年 梅田スカイビルの初日の出と混雑の詳細情報

    大阪の中心部に聳える梅田スカイビルは、当日でも展望台に上ることができるため、人気の初日の出スポットと…
  4. あべのハルカス

    2016年あべのハルカスの初日の出と混雑の詳細情報 

    高さ300メートル、日本一の高さを誇るあべのハルカスは、まさに大阪のシンボルとしてすっかり定番のスポ…
  5. 住吉大社

    住吉大社の初詣と駐車場の詳細情報

    住吉大社は毎年、200万人以上が参拝に訪れる、大阪を代表する初詣スポットです。今回は住吉大社の混雑状…
ページ上部へ戻る