イヤイヤ期はいつまで続くの?乗り切るコツは?

Sponsored Links

 少し赤ちゃんから成長して、自分で動けるようになってくると、何でも自分でしたがったり、大人から言われることに何でも「イヤイヤ」と言ってみる時期ってありますよね。

みんな、「子どもが成長してるってことやん」と言うけど、イヤイヤ攻撃を直接受けているママとしては、しんどくてイライラも最高潮!

イヤイヤ期っていつごろまで続くの?みんなどうやって対応してるの?というギモンにお答えします。

イヤイヤ期ってどうして起こるの?

子どもが2歳を迎える前後になると、だんだん自分の意志がはっきり出てくるようになって、自分がしたいことを主張するようになりますよね。
でも、まだまだこの時期は自分でできないことも多くて、そのイライラを上手く伝えられなくて癇癪をおこす、というのがイヤイヤ期です。
この時期は情緒不安定なので、親の愛情を確認するのに、こういう表現をするようです。

うちの子も、毎朝服を着るのに、こちらが急いでいる時に限って、「自分で!」と言うくせに、なかなか着られず、癇癪を起していたり、逆にいつもはできることを「やって!」といったりすることがありました。
自分でしたい思いと、甘えたい思いが混じっていて、親としてはどう対応していいのかわからない時も。 多分、子どもとしても、自分のイライラをどう解消していいのかわからなくて、一番言いやすい人に助けを求めていた時期だったんでしょうね。

Sponsored Links

イヤイヤ期ってどれくらい続くの?

期間は子どもによってまちまち
1歳半ぐらいで始まって3歳過ぎまでかかる子もいれば、ほとんどなかった、という子も。

一般的には、2歳ぐらいに自我が発達しだすと始まって、3歳を過ぎると徐々に収まってくると言われています。だんだんと、言葉で説明することが理解できるようになってくるのがこの時期なんですね。

うちの子の一番のピークは2歳後半でした。下の子の妊娠が分かったのもこのころだったので、多少不安があったのかもしれません。3歳を過ぎて、産休に入ったころには、私もゆっくり関われる時間があったからか、スーッと収まっていった気がします。

環境の変化とか、親の心のもち方とかで、左右されることもあるかもしれませんね。

イヤイヤ期の対応の仕方は?

「イヤイヤ期には子どもの思いを尊重して」とよく言われますが、どこまで聞けばいいの?と思うこともしばしば。
社会のルールを教えていくことも必要だし、困りますよね。

基本的には、「自分でする!」など身の回りのことについては、多少時間がかかってもあまり手伝わずにゆっくり待つのがいいですよ。
癇癪を起こしたら、応援しながらできたら褒める!

逆に甘えてしない時には、様子を見て半分だけ手伝って、最後は自分で完成できるようにすると、達成感も味わえます。

子どもがどうしたいと思っているのかを見極めて、前向きになれるような言葉かけがいいですね。
ただし、社会的に迷惑なことや、危険なことなどは、きちんと教えた方がいいです。
怒鳴ったりたたいたりせず、はっきりとした言葉で短く言い聞かせるのがベター。何度も繰り返すときは根気強く伝えましょう。

girl01

まとめ

イヤイヤ期の子どもの思いはなんとなく理解できる気がしても、ママのイライラはなかなか収まらないかも…でもいつかは必ず終わるので、それを信じてゆったり構えましょう。

もし子どもに当たってしまっても、きちんと子どもに愛情を示して、ママも気晴らしができる時間を作るといいですよ。周りの人の助けも上手に借りながら、イヤイヤ期を乗り越えてくださいね。

Sponsored Links

関連する人気の記事はこちら

Mom deer

Mom deer

投稿者プロフィール

生粋の奈良県民、40代で子ども2人のワーママです。
数年前まで子どもに関わるお仕事をしていたので、いろんなお子さんを見てきた経験から、子育ての悩み解消に、お役に立てたらなぁと思っています。
美容・健康についても興味あり!なかなか成果は出ませんが、アンチエイジングをめざし、日々奮闘中です。
身近なお得情報を、主婦視点・教育視点を交えつつ、お届けできたらと思います。

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 金華山

    2017年長良川の花火大会の穴場スポットと観覧席情報

    第61回全国選抜長良川中日花火大会と全国花火大会は、7月下旬と8月上旬に開催される岐阜県の長良橋下流…
  2. 観覧車

    2017年長島温泉の花火大会の日程と穴場スポット情報

    長島温泉花火大競演は、三重県桑名市にある遊園地で開催される花火大会です。今回はこの花火大会の日程や穴…
  3. 子供の傘の適正サイズは?

    なんでも自分でしたがる2~3歳児、もちろん傘も。 大人用の傘をさしたがっていたかと思えば、店頭で子…
  4. 子連れで楽しめる!日帰りできる関西のお出かけスポット

    夏休みももうすぐ。 子どもたちから「どっかつれてって~」と言われるし、大人も気晴らししたいわぁ…と…
  5. ぷにぷにスライム 作り方と分量を知って子供と一緒に遊ぼう!

    独特の感触が人気のスライム。 あのぷにぷにした感触と伸び具合に、なんか不思議やけど気持ちいい!と夢…
ページ上部へ戻る