プールって赤ちゃんも入っていいの?おむつOKのプールはここ!

Sponsored Links

 

 暑くなって、毎日汗だくになっている子どもを見ていると、水遊びでもして、親子ともども涼しくなりたいわぁ…と思いますよね。
でも家にビニールプールを出すだけのスペースがなかったり、お風呂ではちょっと物足りなかったり…かといっておむつがまだ取れていない子どもを公共のプールに連れて行くのはちょっと…と迷うことも。

プールで、おむつが外れてなくても入れるとこ無いんかな?という方に、おむつOKのプール、探してみました。

プールはおむつが外れてから?

基本的には、プールの中でおもらしする可能性のある子どもは、公共のプールに連れて行くのはやめておいた方がいいですが、小さい子ども用のプールがあるところは、水遊び用のおむつ着用なら入ってもいいと言うところもあります。
どこでもOKなわけではありませんので、事前に確認してから行きましょうね。

Sponsored Links

おむつをして入れるプールはここ!

水遊び用おむつを着用すれば入れるプールを紹介します。
但し、普通のおむつではNG!また、水遊び用おむつとTシャツなどで入るのは禁止されているところが多いので、必ず上から水着を着て入ってくださいね。

スパワールド世界の大温泉

いくつかあるプールのうち、「スパプーキッズ」には、0才児から入れる、年齢に合わせたゾーンがあり、小学6年生以下の子どもと保護者だけが入れるので安心!

楽しい遊具がたくさんあるし、水深も0~70cmと浅めで、子どもたちも安全に遊べますよ。
室内プールなので、雨の日も大丈夫!温泉や屋内の遊び場もあって、1日ゆっくり楽しめます。

http://www.spaworld.co.jp/pool/spapoo-kids.html

所在地:大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4-24
連絡先:06-6631-0001
定休日:年中無休(不定休有)
営業時間(プール)
 平日 10:00~19:00
 土・日・祝・祝前日 10:00~22:00
料金
 おとな(12歳以上)1200~3000円 
 子ども(12歳未満)1000円~1700円

※プール、温泉、館内着、タオル等を含む  
※詳しくは、料金カレンダーを見てください。

緑ヶ丘プール

屋外の市民プールで、水深90cm,50cm,30cmのひょうたん型の幼児用プールがあるので、子どもの年齢に応じて楽しめます
小川のようにだんだんに流れてくるプールが人気!小さなすべり台もありますよhttp://www.midorigaokagymnasium.com/

所在地:兵庫県伊丹市緑ヶ丘1-20
連絡先:072-782-1066
営業時間:平日10時~19時、日曜・祝日9時~19時
定休日:毎年7月1日~8月31日に営業(期間中無休)
料金:子ども200円(4歳~小学生)3歳以下無料 、大人400円
更衣室ロッカー:100円 
 ※返金式ではありません
駐車料金:無料(61台)

鶴見緑地プール

大阪府営の通年型の温水プールです。
洞窟や滝、ジャングルなどがモチーフになっているプールが楽しい!

乳幼児用には、水深50cmの小プールがあります。
更衣室のロッカー(無料)のキーで、自販機や売店などで買い物をすることもできるので便利ですね。

http://www.mizuno.co.jp/facility/osaka/tsurumi/

所在地:大阪府大阪市鶴見区緑地公園1-37
連絡先:06-6915-4721 
営業時間 9:00〜21:00(10〜3月は19:00まで)
定休日:月曜日・12/28~1/4
料金
 大人(高校生以上)1,200円
 小人(小中学生)600円

0歳から小学4年生までの子どもがプールを利用する際は、保護者の同伴が必要
保護者1人につき子ども(0歳から小学4年生)3人までの利用可
※保護者とは、16歳以上で子どもの監視(施設を適正に利用ができる)ができる方
※100cmを超える浮具の使用不可 ※ウォータースライダーは、利用制限あり(身長120cm以上)

355a59f991a24c938d3b03e0dd1f2371_m

まとめ

ここなら赤ちゃん連れてプール行けるわ!というパパ・ママ。
ただし、赤ちゃん連れがOKだからといっても、おむつの処理や安全管理などの利用マナーは守ってほしいものです。
みんなが気持ちよく使えるように気をつけて、赤ちゃんとの水遊びを楽しんでくださいね。

Sponsored Links

関連する人気の記事はこちら

Mom deer

Mom deer

投稿者プロフィール

生粋の奈良県民、40代で子ども2人のワーママです。
数年前まで子どもに関わるお仕事をしていたので、いろんなお子さんを見てきた経験から、子育ての悩み解消に、お役に立てたらなぁと思っています。
美容・健康についても興味あり!なかなか成果は出ませんが、アンチエイジングをめざし、日々奮闘中です。
身近なお得情報を、主婦視点・教育視点を交えつつ、お届けできたらと思います。

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 子供の傘の適正サイズは?

    なんでも自分でしたがる2~3歳児、もちろん傘も。 大人用の傘をさしたがっていたかと思えば、店頭で子…
  2. 子連れで楽しめる!日帰りできる関西のお出かけスポット

    夏休みももうすぐ。 子どもたちから「どっかつれてって~」と言われるし、大人も気晴らししたいわぁ…と…
  3. ぷにぷにスライム 作り方と分量を知って子供と一緒に遊ぼう!

    独特の感触が人気のスライム。 あのぷにぷにした感触と伸び具合に、なんか不思議やけど気持ちいい!と夢…
  4. 毎年悩む父の日のプレゼント アイディア4選!

    毎年やってくる父の日。 こういう時にしか日頃の感謝をなかなか伝えることがで、この日があってありがた…
ページ上部へ戻る