フォローアップミルクは必要?いつからいつまで飲ませればいいの?

Sponsored Links

離乳食が始まって、母乳やミルクの量が減って来たら、「ちゃんと栄養足りてんのかな?」と心配になることがありますよね。
そんな時に役立つのがフォローアップミルク。
そして、よく「離乳食が始まったら飲ませましょう」と書いてあるけど、実際にはいつから始めて、いつまで飲ませたらいいのか…とも迷いますよね。

そんな時のフォローアップミルクの取り入れ方をお知らせします♪

フォローアップミルクは飲ませた方がいい?

フォローアップミルクは、離乳食で不足しがちな鉄分・カルシウム・ミネラルなどを補給するための”栄養補助食品“です。

ですから、離乳食をよく食べて、充分栄養が取れていると思う時には、必ずしも飲む必要はないんですよ。
ただし、なかなか離乳食を食べてくれなかったり、母乳育児をしていると母乳の量が減ってきたりして、離乳食できちんと栄養が足りているのか、よくわからないこともありますよね。
また、卒乳に向けて、ミルク以外のものに慣れさせたい人もいます。 そういう時には、フォローアップミルクを活用するといいですよ。

Sponsored Links

ミルクの切り替えはいつから?

基本的には、一日の離乳食が3回になった時点が、フォローアップミルクに切り替える目安です。

9か月頃と書いてありますが、お子さんの離乳食の進み具合に合わせれば大丈夫
私は母乳育児でしたが、量が足りているのかよくわからず、離乳食で十分栄養が取れているのか不安だったので、離乳食が3回になった9か月ぐらいから始めました。

あくまでも栄養補助のためのものなので、離乳食初期の6~8か月頃に用いてしまうと、栄養バランスが崩れてしまいます
離乳食が中心になるまでは、普通のミルクを与えてあげましょうね。

飲ませ方のコツは?

始めは哺乳瓶でもいいですが、コップの練習もかねてコップやストローマグで与えてあげるといいですよ。

私は、おやつの時間や、離乳食後に、ストローマグに入れて与えていました。
与えすぎても、離乳食をあまり食べなくなってしまうので注意!
離乳食の量と体重を基準にして、量を考えてあげましょうね。

いつまで飲ませればいいの?

メーカーでは、3歳ぐらいまで飲むことを薦めているようです。
ただ、食事で栄養が取れるようになれば必要なくなるので、1歳以降に牛乳が飲めるようになった時や、普通食に移行した時を目安にすればよいと思います。

うちは、1歳3か月頃で普通食にして、牛乳を飲み始めたので、フォローアップミルクをやめました。

ただし、お子さんが気に入ってしまって、とか、夜寝る前の習慣になってしまって、なかなかやめられない方もいるようです。
無理矢理やめさせることはありませんが、牛乳や他の飲み物に替えてみるとか、哺乳瓶をコップに替えてみるとかして、徐々に減らしていくといいですよ。

 d75e213a7f4d8616ea833382eb331a71_m

まとめ

フォローアップミルクって、あくまで栄養補助食品なんですね。
離乳食をしっかり食べられるようにする工夫が大事!
でも離乳食を食べないと親もストレスがたまるし、そういう時に「飲ませといたら栄養足りるし、多少食べなくても大丈夫!」と思える安心材料として、うまく活用するといいのかもしれませんね。

Sponsored Links

関連する人気の記事はこちら

Mom deer

Mom deer

投稿者プロフィール

生粋の奈良県民、40代で子ども2人のワーママです。
数年前まで子どもに関わるお仕事をしていたので、いろんなお子さんを見てきた経験から、子育ての悩み解消に、お役に立てたらなぁと思っています。
美容・健康についても興味あり!なかなか成果は出ませんが、アンチエイジングをめざし、日々奮闘中です。
身近なお得情報を、主婦視点・教育視点を交えつつ、お届けできたらと思います。

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 子供の傘の適正サイズは?

    なんでも自分でしたがる2~3歳児、もちろん傘も。 大人用の傘をさしたがっていたかと思えば、店頭で子…
  2. 子連れで楽しめる!日帰りできる関西のお出かけスポット

    夏休みももうすぐ。 子どもたちから「どっかつれてって~」と言われるし、大人も気晴らししたいわぁ…と…
  3. ぷにぷにスライム 作り方と分量を知って子供と一緒に遊ぼう!

    独特の感触が人気のスライム。 あのぷにぷにした感触と伸び具合に、なんか不思議やけど気持ちいい!と夢…
  4. 毎年悩む父の日のプレゼント アイディア4選!

    毎年やってくる父の日。 こういう時にしか日頃の感謝をなかなか伝えることがで、この日があってありがた…
ページ上部へ戻る