子供に自転車を与えるのはいつから?自転車選びのポイントはコレ!

Sponsored Links

子供が外遊びするのに、自転車は必需品ですよね。
移動手段としても便利だし、自転車に乗れるようになると、行動範囲が広がります。

子供の乗り物って、他にも乗用玩具や三輪車など、いろいろありますが、自転車っていつごろから乗れんの?どうやって選んだらええの?と、買う時期や選び方に迷っている方も多いはず。
子供に自転車を与えるのはいつごろがいいの?選び方のポイントもお知らせします。

自転車と三輪車、最初に買うのはどっち?

三輪車をまず用意して、それが乗れたら自転車に、というのが流れが一般的なイメージですが、三輪車を買わずに、小型の自転車から乗り始める人も多いとか。
うちは、一応三輪車を用意しましたが、三輪車って前に足を踏み込まないとこげないので、なかなか難しいんです。
1人目はそれでも三輪車に乗っていましたが、2人目は上の子が自転車に乗っているのを見ていたこともあり、ほとんど三輪車に乗らず、小型の自転車を用意することに。
お子さんの体力や興味、兄弟の有無など、それぞれの家庭によって違うようですね。

Sponsored Links

みんないつ頃から乗せてる?

最近では12インチの小さなものが販売されているので、身長80cmぐらいから、またいで両足が地面につけば乗れます。
三輪車の代わりに、2歳ぐらいから購入する人もいます。
ただ、自転車は手でハンドルとブレーキを、足でペダルを漕ぐことを同時に行う協調運動で、更にバランス感覚も必要なので、結構運動的には高度なんですよ。
なので、小さいうちは乗用玩具のように足でけって進む程度でOK。
ペダルを漕げるようになるのは、3歳~4歳頃でしょう。
補助輪を外して乗るには、倒れないスピードを出すための脚力も必要!
4歳~5歳ぐらいになってから始めるといいですよ。

選ぶ時のポイント

まずは、子供の大きさに合ったサイズのものを選ぶことです。
体に合ったサイズの自転車に乗ることで、怪我も減り、上達も早くなります。
しかし、子供の成長は早いので、つい大きめのものを買ってしまいたくなるもの。
自転車のサドルを下げて、両足がつけば大丈夫です。
あとは、「BAA(自転車協会制定)マーク」がついているものを選ぶと、安全基準に適合した自転車なので安心です。

小さい頃は、補助棒がついているものを買うと、まだ自転車に乗り慣れない時や、補助輪を外す練習をする時に便利かも。
取り外せるようになっているので、不要になったら外せばOKです。

買う時に一緒に用意した方がいいもの

練習している時に、こけて怪我したり痛い思いをしたりすると、練習する気も失せてしまいます。
安全のためにも、ヘルメットやサポーター(またはプロテクター)などは用意しておいた方がいいですね。

靴は、サンダルなどは怪我することもあるので、スニーカーなどの足を覆う靴が良いでしょう。

練習するのに適したところは?

車が通るような場所は危ないのでやめましょう。
公園などの安全な場所がいいですね。
サイクリングロードのような柔らかい素材の地面があると、より恐怖感が薄れるかも

子どもが小さいうちは、乗れるようになっても大人がついて乗るようにしましょう。
乗り始めの時期に、安全な乗り方や交通ルールをきちんと教えておくことは大切ですよ。

まとめ

小さいころから、身近な乗り物として使われている自転車ですが、一歩間違えると大けがにつながることも!
その子に合ったものを準備して、安全な場所で乗るように、周りの大人も十分注意して乗せるようにしましょうね。

Sponsored Links

関連する人気の記事はこちら

Mom deer

Mom deer

投稿者プロフィール

生粋の奈良県民、40代で子ども2人のワーママです。
数年前まで子どもに関わるお仕事をしていたので、いろんなお子さんを見てきた経験から、子育ての悩み解消に、お役に立てたらなぁと思っています。
美容・健康についても興味あり!なかなか成果は出ませんが、アンチエイジングをめざし、日々奮闘中です。
身近なお得情報を、主婦視点・教育視点を交えつつ、お届けできたらと思います。

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 子供の傘の適正サイズは?

    なんでも自分でしたがる2~3歳児、もちろん傘も。 大人用の傘をさしたがっていたかと思えば、店頭で子…
  2. 子連れで楽しめる!日帰りできる関西のお出かけスポット

    夏休みももうすぐ。 子どもたちから「どっかつれてって~」と言われるし、大人も気晴らししたいわぁ…と…
  3. ぷにぷにスライム 作り方と分量を知って子供と一緒に遊ぼう!

    独特の感触が人気のスライム。 あのぷにぷにした感触と伸び具合に、なんか不思議やけど気持ちいい!と夢…
  4. 毎年悩む父の日のプレゼント アイディア4選!

    毎年やってくる父の日。 こういう時にしか日頃の感謝をなかなか伝えることがで、この日があってありがた…
ページ上部へ戻る