子供の自転車、補助輪を外すタイミングといい練習の方法をご紹介!

Sponsored Links

子供が初めて自転車に乗り始めて、親も子も気になるのは、「いつになったらコマなし自転車に乗れるんかな」ということですよね。

もちろん、補助輪つきでも十分楽しめるのですが、もう少し大きくなって行動範囲が広がってくると、補助輪があると不便なことも。
できたら小さいうちに補助輪が取れたらいいねんけど…と思いますよね。

補助輪っていつ頃外したらいいの?いい練習の方法は?
おススメをご紹介します。

補助輪を外すタイミングは?

まず、補助輪つきの自転車をしっかりこげるようになっていることが大前提!

補助輪を外すためには、ある程度のスピードがないとバランスが取れません
うちの子は、補助輪つきでカーブすると、勢いでこけそうなくらいスピードが出るようになってから始めました。
あとは本人のやる気。
「乗れるようになりたい!」と子供自身が思うようになったらスタートです。

Sponsored Links

いい練習方法は?ポイントはこれ!

補助輪なしで走るために大事なのは、バランスを取ることと、恐怖心をなくすことです。

広くて安全な場所で練習を始めましょう
公園の芝生広場のようなところがいいですね。

  1. 補助輪とペダルを外して、自転車を降りて押す  
    まずは、自転車のハンドルをコントロールすることから始めます。
    八の字で押せるようになればOK
  2. 自転車にまたがって、足で地面を蹴ってすすむ
    バランスを取る練習です。
    足で蹴って、足を浮かせて進む、ということを繰り返します。
    足を浮かせて進む距離が伸びてきたら次の段階へ。
  3. ペダルをつけて、スタートの踏み込みを補助してこぐ
    初めの発進でバランスを取るのが難しいので、そこはしっかり大人が補助して、まっすぐ前に進む練習をします。
    大人が並走する時には、少し前を走ってあげると、目標が定まって走りやすいです。
    あとは、徐々に補助する時間を短くして、発進するときに自分で踏み込む感覚を覚えれば、乗れるようになりますよ。

練習を補助する時に大事なこと

練習をするにあたって、大事なポイントがあります。
それは、 怒らない・褒める・短時間で集中する ということ。
出来ないことを根気よく頑張るためには、やる気を持続させることが大事ですよね。
褒められることでやる気が出て、練習が楽しくできることが、上達するための近道です。

休息を取ることも必要です。
長時間練習して、疲れると怪我につながるので、「もっと練習したい!」と思うところで切り上げましょう。

また、体の感覚を取り戻すのに時間がかかるので、練習はあまり間隔をあけすぎないようにするのもポイントです。

転んでけがをしないために、気を付けることは?

怪我をして痛い思いをすると、一気にやる気が失せてしまうのは、大人も子供も同じですよね。
転んでも怪我にならないように、服装などにも気を付けましょう。

  • 手袋(軍手でも可)、ヘルメット、プロテクターなどを身につける。
  • 薄手でもいいので、長袖、長ズボンを着用し、運動靴を履く。

怪我した時のために、すぐに処置できる絆創膏や消毒薬などを用意しておくと安心ですよ。

それでも乗れない時には…

自転車乗り方教室が行われているところもあります。
専門家の人にコツを教えてもらうと、案外すんなり乗れるようになるかも。
活用してみてはいかがでしょう。

自転車博物館サイクルセンター 自転車乗り方教室
http://www.bikemuse.jp/seminar/biginner/

場所:大仙公園自転車ひろば(大阪府堺市堺区東上野芝町1丁)
連絡先:Tel 072-243-3196
※ホームページからも申込可
参加資格:5歳~60歳かつ身長105cm以上
開催日:毎週土曜日、第1・3・5日曜日(初回は9:20~15:30)
料金:無料

24a38d45bafb6d7d956b954e0dfa7b1d_m

まとめ

親としては、子供が楽しく練習して、達成感を感じられるようにすることが一番の援助なんですね。
少し乗れるようになってきたら、安全な乗り方や交通マナーを知らせていくのも親の大切な役割です。
将来大きな事故につながらないようにするために、乗り初めからきちんと教えていきましょうね。

Sponsored Links

関連する人気の記事はこちら

Mom deer

Mom deer

投稿者プロフィール

生粋の奈良県民、40代で子ども2人のワーママです。
数年前まで子どもに関わるお仕事をしていたので、いろんなお子さんを見てきた経験から、子育ての悩み解消に、お役に立てたらなぁと思っています。
美容・健康についても興味あり!なかなか成果は出ませんが、アンチエイジングをめざし、日々奮闘中です。
身近なお得情報を、主婦視点・教育視点を交えつつ、お届けできたらと思います。

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 子供の傘の適正サイズは?

    なんでも自分でしたがる2~3歳児、もちろん傘も。 大人用の傘をさしたがっていたかと思えば、店頭で子…
  2. 子連れで楽しめる!日帰りできる関西のお出かけスポット

    夏休みももうすぐ。 子どもたちから「どっかつれてって~」と言われるし、大人も気晴らししたいわぁ…と…
  3. ぷにぷにスライム 作り方と分量を知って子供と一緒に遊ぼう!

    独特の感触が人気のスライム。 あのぷにぷにした感触と伸び具合に、なんか不思議やけど気持ちいい!と夢…
  4. 毎年悩む父の日のプレゼント アイディア4選!

    毎年やってくる父の日。 こういう時にしか日頃の感謝をなかなか伝えることがで、この日があってありがた…
ページ上部へ戻る