保育園と幼稚園の特徴を比較!小学校での違いは出てくる?

Sponsored Links

子供が2,3歳になると、教育についていろいろ考えるようになりますよね。
子供に合ったできるだけええところに通わせてあげたい!と思うのが親心。

そして、幼児期に通う所として、保育園と幼稚園がありますが、似た様なことをしているようにも見えるし、どっちに行ってる方がいいんやろ?と迷っている方もいるかもしれません。

ひょっとすると、これまで通っている保育園をやめて、幼稚園に転園しようかなあ、と考える方もいるかも。

保育園と幼稚園では何が違うん?小学校に行った時に違いがでるんかな?といった疑問にお答えします。

保育園と幼稚園の違いって何?

保育園とは

  • 設置目的
    保育に欠ける乳児、または幼児を保育すること
    →保護者に代わって0~6歳児の生活を支える福祉施設
  • 保育内容
    昼寝や間食などの生活面に関わる活動が多い
  • 保育時間
    8時間程度

幼稚園とは

  • 設置目的
    幼児の心身の発達を助長すること
    →3~6歳児の幼児教育を行う教育施設
  • 保育内容
    教育面を重視した活動を中心に行っている
  • 保育時間
    4時間程度

保育園は、仕事をしていたり、介護に忙しかったりなどの理由がないと入園できません
ですが、両方の機能を併せ持つ認定こども園や、延長保育を行う幼稚園も増えて来ています。
親の生活スタイルによって、保育園か幼稚園かを決めましょう。

Sponsored Links

具体的にはどんなとこ?

保育園の特徴

  • トイレトレーニングや食事の仕方など、基本的な生活習慣から身につけさせてくれる。
  • 働いている親が中心なので、ママ友同士の交流はあまり密ではない
  • 園の行事や懇談などは、土日や夜に行うなど、仕事をしている親に配慮してくれる。
  • 保育料は、認可保育園なら所得によって決まる。無認可だと園によってまちまちである。

幼稚園の特徴

  • 就学に向けての教育や、集団活動・小学校と連携して行う活動が多い。
  • 園によっては、習い事などをさせてくれたり、仕事をしていなくても預り保育をしてもらえるところもある。
  • 保護者が参加する行事や懇談などは、平日昼間に行われることが多い。
  • 送迎などで親同士が顔を合わせることも多く、ママ友同士の交流が多い

それぞれの家庭で、何をメリット・デメリットと考えるかは違うと思いますが、特徴がわかると、選びやすくなりますね。

小学校に上がった時に違いはあるん?

今では、保育園と幼稚園の教育の基準になる指針は統一されているので、目指す方向性は変わりません
それよりも、それぞれの保育園・幼稚園がどういう教育をしようとしているのかによって、違いがあることは確か!「遊びを中心にのびのびと育てようとしている」園と、「習い事などで技術を身につけようとしている」園とでは、子供の育ち方は多少違うかも。

うちの子供たちは、違う傾向の別の保育園に通いました。上の子は習い事がたくさんあって、合奏や文字の読み書きなどには困りませんでしたが、自分で考えて行動することに弱かったし、下の子は自由な雰囲気のところでのびのび過ごしたので、初めは大変なこともありましたが、自分の意見を持てる子になりました。

まずは、保育園にしても幼稚園にしても、気になる園の教育方針をよく調べておいた方がいいですよ。

園の選び方、何を基準にすればいいん?

まずは、自分のお子さんにはどういう教育方針が合っているか、ということを見極めましょう。

親が無理矢理習い事がたくさんある幼稚園に通わせて、子供が合わずに登園できなくなることも多いんです。
できれば、園を見学させてもらったり情報を集めたりして、「その子のために何が大切か」で選ぶようにしましょうね。

9f112d7d8e882d6cd4725e367d07bf4c_s

まとめ

待機児童などで、なかなか選択肢も少ないですが、子供の将来につながることやし、園選びも慎重になりますよね。

でも一番大事なんは、どういう方針を持って家庭で子育てしていくか、ということ!
その上で、その子に合ったところに通うんが、子供にとっては一番なんですね。

Sponsored Links

関連する人気の記事はこちら

Mom deer

Mom deer

投稿者プロフィール

生粋の奈良県民、40代で子ども2人のワーママです。
数年前まで子どもに関わるお仕事をしていたので、いろんなお子さんを見てきた経験から、子育ての悩み解消に、お役に立てたらなぁと思っています。
美容・健康についても興味あり!なかなか成果は出ませんが、アンチエイジングをめざし、日々奮闘中です。
身近なお得情報を、主婦視点・教育視点を交えつつ、お届けできたらと思います。

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 子供の傘の適正サイズは?

    なんでも自分でしたがる2~3歳児、もちろん傘も。 大人用の傘をさしたがっていたかと思えば、店頭で子…
  2. 子連れで楽しめる!日帰りできる関西のお出かけスポット

    夏休みももうすぐ。 子どもたちから「どっかつれてって~」と言われるし、大人も気晴らししたいわぁ…と…
  3. ぷにぷにスライム 作り方と分量を知って子供と一緒に遊ぼう!

    独特の感触が人気のスライム。 あのぷにぷにした感触と伸び具合に、なんか不思議やけど気持ちいい!と夢…
  4. 毎年悩む父の日のプレゼント アイディア4選!

    毎年やってくる父の日。 こういう時にしか日頃の感謝をなかなか伝えることがで、この日があってありがた…
ページ上部へ戻る