インフルエンザにかかっても絶対薬を飲まない派!?

Sponsored Links

いつ頃からだろう?冬になると「話題にならへん年なんて無いなぁ~」って言うぐらい騒が れるのが,インフルエンザ。厚生労働省のサイトに「インフルエンザ(総合ページ)」という のがあって、それがまたかなり充実した内容になっています。インフルエンザとはインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症ですが、ワクチン摂取や薬の服用など考え方は様々。今回は「インフルエンザにかかっても薬は飲めへんねん!」っていう派の根拠と対策をまとめてみました。

インフルエンザ

薬を飲まないのは何故?

「インフルエンザは風邪とは違い時には死に至る。」とメディアで叫ばれている中で「イン フルエンザは風邪の一種!ウイルスにも弱いものから強いものまであって、強いものがインフ ルエンザとされているだけだ」というのが「薬を飲まない派」の意見。最近では「医師や薬剤師がなぜ風邪薬を飲まないのか」という記事が大手サイトにも掲載されているくらい、いまや風邪に効く薬は無いという知識は常識レベルになっているようです。

インフルエンザと診断され、処方される薬にはタミフルやリレンザがあり、副作用として異常行動や突然死などの報道もありました。これらが薬によるものなのか、インフルエンザによるものなのかは不明ですが、明確な答えが出ていないのが現状です。また、タミフルはインフルエンザウィルスを撃退する効果も予防する効果もありません。ウィルスを増やすのを抑え発熱の期間をわずか1日程度縮める事しかできないそうです。インフルエンザは確かに高熱が出る事が多いですし、かかった人の体調や体質によっては死に至る事もあるかもしれませんが、それはインフルだけではなく普通の風邪でも同じ事が言えるのではないでしょうか?

どちらのリスクを取るかという話になりますが「薬を飲まない派」はインフルにかかって高熱で死に至る確率よりも、未だ明確ではない薬を服用するリスクの確率の方が大きいと言う事ではないでしょうか?

Sponsored Links

予防接種もしない?

インフルエンザの時期になると予防接種についても必ず話題になります。毎年の事ですし、特に子供や老人が居る家庭では話さない年なんてないんじゃないか?っていうくらいですから、色々なパターン(体質)の人がいると言う事に気付くようになります。まとめると、以下の4パターンのどれかに属すると思います。

  • 予防接種を受けていない=インフルにかかる
  • 予防接種を受けていない=インフルにかからない
  • 予防接種を受けている=インフルにかかる
  • 予防接種を受けている=インフルにかからない

予防接種をしてインフルにかかる人も居れば、予防接種をしなくてインフルにかからない人もいます。その人の体質であったり、その時の免疫力で出てくる症状も違ってきます。となると、予防接種を受けても受けなくてもインフルにかかる時はかかるし、かからない時はかからないのであれば、わざわざ時間と労力とお金を使い予防接種を受ける事もないのでは?という結論に至るのは自然の流れのような気がします。もちろんそれだではなく、予防接種の副作用(リスク)という観点から見ても受けない理由が明確です。

インフルエンザにかかったら?

「薬を飲まない派」の人達が、インフルエンザにかかったり風邪をひいた時、薬を飲まずどのように対処しているのでしょう?また、特別な対処法があるのか調べてみました。

睡眠

  • 十分な睡眠を摂る
    何をおいても体を休めると言う事が最も大切です。十分な睡眠をとるようにしています。
  • 水分をたくさん摂る
    高熱が出ると体の中の水分が奪われます。お水やお白湯、お茶なども良いですが、ポカリスエットは発汗によって失われた水分を補給するのに効率が良いとされているので、水分をたくさん摂って何度もトイレにいきます。
  • 食欲があれば何か食べる
    高熱で食欲がない場合は別ですが、少し食欲が出てきた時には食べやす物を口にいれます。極力、胃腸に負担をかけない暖かいおかゆやお蕎麦などを食べたりします。
  • 症状や状態をよく観察する
    発熱、咳、鼻、などの風邪の症状以外に発疹や下痢、嘔吐などの症状が酷くないかなどを良く観察し、高熱が全く下がらず風邪の症状とは少し異なるような場合は自己判断せずに病院に行くようにしています。

まとめ

「薬を飲まない派」の人達が特別な対処をしている訳ではないですが、自己管理意識が高いような気がします。インフルエンザに限らず予防接種するもしないも、薬を飲むも飲まないも、全てが自己責任 。納得できない理不尽な事が多い世の中ですが、自分を守るのは自分以外に他ありません。 情報が溢れ返っている昨今、どの情報を信じそして除外するか。しっかりした根拠と研ぎ澄 まされた感覚で選択する目を養いたいものです。そのためには日ごろどのようにアンテナを 張り巡らせるかなども大切な事かな?と思います。このような話題は賛否両論ありますが、私も責任主体を大前提に自分の信じる方法で対応したいと思っています。

そして何よりも「予防せんとあきません!それが全てにおいて損出を防げる訳ですわ

Sponsored Links
ひらべっちゃ

ひらべっちゃ

投稿者プロフィール

大阪生まれの大阪育ち、大阪在住の40代、歳の差10歳の2児の母やってます。
若い頃から食べ物にかなりのお金を投資してきた結果、脂肪が増えました。
オーガニックな食材からジャンクなものまで幅広く摂取可能。
健康に関しても自然療法から西洋医学まで幅広く習得。
ふり幅の大きい人生経験を生かし、お得情報を発信したいです~♪

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 子供の傘の適正サイズは?

    なんでも自分でしたがる2~3歳児、もちろん傘も。 大人用の傘をさしたがっていたかと思えば、店頭で子…
  2. 子連れで楽しめる!日帰りできる関西のお出かけスポット

    夏休みももうすぐ。 子どもたちから「どっかつれてって~」と言われるし、大人も気晴らししたいわぁ…と…
  3. ぷにぷにスライム 作り方と分量を知って子供と一緒に遊ぼう!

    独特の感触が人気のスライム。 あのぷにぷにした感触と伸び具合に、なんか不思議やけど気持ちいい!と夢…
  4. 毎年悩む父の日のプレゼント アイディア4選!

    毎年やってくる父の日。 こういう時にしか日頃の感謝をなかなか伝えることがで、この日があってありがた…
ページ上部へ戻る