これって夏バテ?症状対策はコレ!

Sponsored Links

 暑くなってくると、何だか体がだるくなって、動きたくなくなることってありますよね。しんどいからと言って、ずっとゴロゴロしているわけにもいかないし、風邪なんかただの疲れなんか…これって病院に行った方がええの?と迷いながらも、なかなか行けないのがママの辛いところ!

夏バテってどういう症状なの?予防や改善の対策は?というギモンにお答えします。

夏バテってなに?どんな症状が出るの?

「夏バテ」は、夏の暑さや多湿が続くと起こる、体の変調のこと。
全身がだるかったり、やる気が起こらなかったり、食欲が落ちたり…など、いろんな症状があります。

原因は、自律神経の乱れ。毎日クーラーの効いた涼しい部屋にばかりいると、体温調節がうまくできなくなって、体のバランスが崩れてしまうんですね。

冷たいものばかり食べている人も要注意!胃腸が弱って、食欲がなくなってくると、ちゃんと栄養が取れず、夏バテになってしまうんです。

Sponsored Links

風邪や熱中症との違いは?

風邪は、ウイルスが原因で起こる病気で、発熱やせき、鼻水などの症状が現れます。症状を抑える薬を飲んで、安静にしましょう。

一方熱中症は、体温が上がって、脱水症状になることが原因で、頭痛やめまい、吐き気などを起こすことも!放っておくと危険な状態になることもあるので、体全体の熱を下げて、水分補給しましょう。 夏バテで、免疫力が下がったり、体温が下がりにくい状態になったりして、風邪や熱中症の引き金になることがあるので、気を付けましょうね。

夏バテを予防するには?

夏バテにならないようにするために、いくつかポイントがあるんです。

  1. 喉が渇く前に、こまめに水分補給する  
    一度にたくさん飲むよりも、少しずつ何度も飲んだ方が効果的!入浴前後にも、コップ1杯の常温の水を飲むといいですよ。
  2. 冷たい飲み物や食べ物を摂取しすぎない  
    胃腸に負担がかかって、食欲がなくなる原因になります。
  3. 室温を下げすぎない  
    室温と外の気温の差は、5℃程度がベター。クーラーが効きすぎる場所では、軽い上着を用意しておくといいですよ。
  4. 充分な睡眠をとる  
    暑くて寝苦しい時には、寝付くまで1,2時間タイマーをかけて、クーラーをつけておくとよく眠れます。
    ただし、温度の下げすぎと、クーラーのかけっぱなしには注意!
  5. 軽めの運動をして、規則正しく生活する  
    汗をかいたり、生活リズムを整えることで、自律神経が正常に働くようになります。

夏バテの改善方法はこれ!

それでも夏バテをしてしまったら、セルフケアをしてあげましょう。

  1. 温度調節に気をつける
    クーラーの設定温度は27~28℃ぐらいが適当。
  2. 38~40℃のぬるめのお湯にゆっくり浸かる  
    ちゃんと湯船につかって体を温めることで、自律神経の働きを整えます。
  3. 水分や栄養分をしっかり取る  
    水分補給は、スポーツドリンクを飲んだり、塩飴をなめたりして、ミネラルも一緒に補給すると効果的。
    食事は、疲労回復を助けるビタミンB群や、免疫力をアップするビタミンCを取るといいですよ。

    おすすめの料理は、豚しゃぶ。
    キャベツやキュウリ、トマトなどの野菜と、茹でた豚肉に、ポン酢やゴマをかけて食べるのが私のお気に入り!
    豚肉のビタミンB類と、ポン酢のクエン酸を一緒にとることで、糖質をエネルギーに変えて、疲労回復するのに効果があるんですよ。おいしくて、体にもよくて、一石二鳥!ですね。

95499a7962a05dcd2616de7e801b1b17_m

 

まとめ

夏の暑さに負けて、快適に過ごそうとしすぎると、人間の体って調子が崩れるようにできてるんやなあ…と思いました。
クーラーはほどほどに、夏の暑さも楽しみながら、睡眠と栄養をしっかり取って、健康に過ごしたいですね。

Sponsored Links
Mom deer

Mom deer

投稿者プロフィール

生粋の奈良県民、40代で子ども2人のワーママです。
数年前まで子どもに関わるお仕事をしていたので、いろんなお子さんを見てきた経験から、子育ての悩み解消に、お役に立てたらなぁと思っています。
美容・健康についても興味あり!なかなか成果は出ませんが、アンチエイジングをめざし、日々奮闘中です。
身近なお得情報を、主婦視点・教育視点を交えつつ、お届けできたらと思います。

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 母の日

    義理母に送る母の日メッセージ!結婚年数で変化する文章と4つのポイント

    当然の事ですが、結婚するとお母さんと呼べる人が1人増えます。なので、母の日の贈り物は2人分になります…
  2. 関空

    2016年関空展望ホールの初日の出と混雑の詳細情報

    関空展望ホール「スカイビュー」は、関西国際空港の展望スポットとして知られています。元旦には初日の出を…
  3. 梅田スカイビル

    2016年 梅田スカイビルの初日の出と混雑の詳細情報

    大阪の中心部に聳える梅田スカイビルは、当日でも展望台に上ることができるため、人気の初日の出スポットと…
  4. あべのハルカス

    2016年あべのハルカスの初日の出と混雑の詳細情報 

    高さ300メートル、日本一の高さを誇るあべのハルカスは、まさに大阪のシンボルとしてすっかり定番のスポ…
  5. 住吉大社

    住吉大社の初詣と駐車場の詳細情報

    住吉大社は毎年、200万人以上が参拝に訪れる、大阪を代表する初詣スポットです。今回は住吉大社の混雑状…
ページ上部へ戻る