金剛山の初日の出と新年初登山の詳細情報

Sponsored Links

大坂と奈良の県境にある金剛山は1125メートルの山で、比較的登りやすい山として知られています。今回は、金剛山の初日の出登山の詳細についてご案内していきます。

見どころ

初日の出の予想時刻は6時59分頃。初日の出をもっとも美しく見れるポジションは、山頂の千早園地の展望台。こちらが過去の様子の動画です。

遮るものがなく、雲海から顔を出すとても美しい日の出が印象的です。元旦には特別なイベントも実施されます。ピクニック広場では、先着順ですが、ぜんざいやお酒などが振る舞われ、ロープウェイ利用客には抽選会も行われます。

Sponsored Links

アクセス情報と駐車場情報

電車の場合は、南海高野線河内長野線から南海バス、金剛剛登山口バス停下車。もしくは南海高野線の河内長野駅から南海バス、金剛登山口バス停下車でいずれも約40分。

車の場合は、南阪奈道路羽曳野ICから約40分。金剛登山口バス停の登山口近くに駐車場があります。駐車場は24時間利用でき、料金は600円。こちらがメインですが、バス停付近にもいくつかの駐車所があるので、初日の出であっても全く入れないほどの混雑はありません

尚、金剛山では初日の出にあわせて、ロープウェイが早朝5時から運行されます。ロープウェイの料金は、大人片道720円、往復1340円。小人片道360円、往復670円となっています。

登山コースと混雑状況

山頂までは主に2つの方法があり、金剛登山口バス停から登山をするコースは約7.4キロ、2時間50分。もう一つは金剛登山口バス停から金剛駅までロープウェイを使うコースでこちらは約4.4キロ、2時間のコースです。

登山道は初心者でも比較的登りやすく、舗装されています。もっとも一般的な登山コースは千早本道で、初心者でも登りやすいことから、とても混雑をしています。ただし混雑を避けたいという理由で、他の登山コースを利用することはあまりお勧めできません。人が少ないことから明かりも少なく、遭難しやすくなります。よほど慣れていない限り、千早本道を選ぶようにしましょう。

特に山頂の「千早園地の展望台」はご来光を見る人で賑わいます。少しでもよい場所を確保するためには、5時前には登山をスタートできるように計画を立てるとよいでしょう。

金剛山

登山に必要な持ち物

登山道自体は真っ暗となるので、懐中電灯や予備電池は必須アイテム。またアイゼンを付けた方が歩きやすく、より安全に登山を楽しむことができます。

気温はマイナスとなることも多く、防寒対策は必須です。帽子や耳当て、手袋などを活用してしっかりと寒さ対策をしていくことがお勧めです。

まとめ

山頂の売店は、元旦も営業をしています。温かい飲み物なども購入できますが、自動販売機などはすぐに売り切れとなってしまうこともあるので、少し重くても自分自身で持っていくことがお勧めです。

Sponsored Links
ひらべっちゃ

ひらべっちゃ

投稿者プロフィール

大阪生まれの大阪育ち、大阪在住の40代、歳の差10歳の2児の母やってます。
若い頃から食べ物にかなりのお金を投資してきた結果、脂肪が増えました。
オーガニックな食材からジャンクなものまで幅広く摂取可能。
健康に関しても自然療法から西洋医学まで幅広く習得。
ふり幅の大きい人生経験を生かし、お得情報を発信したいです~♪

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 関空

    2016年関空展望ホールの初日の出と混雑の詳細情報

    関空展望ホール「スカイビュー」は、関西国際空港の展望スポットとして知られています。元旦には初日の出を…
  2. 梅田スカイビル

    2016年 梅田スカイビルの初日の出と混雑の詳細情報

    大阪の中心部に聳える梅田スカイビルは、当日でも展望台に上ることができるため、人気の初日の出スポットと…
  3. あべのハルカス

    2016年あべのハルカスの初日の出と混雑の詳細情報 

    高さ300メートル、日本一の高さを誇るあべのハルカスは、まさに大阪のシンボルとしてすっかり定番のスポ…
  4. 住吉大社

    住吉大社の初詣と駐車場の詳細情報

    住吉大社は毎年、200万人以上が参拝に訪れる、大阪を代表する初詣スポットです。今回は住吉大社の混雑状…
  5. 石切神社

    石切神社の初詣と駐車場の詳細情報

    石切神社の正式名称は「石切劔箭神社」といい、県外からも初詣に多くの人が訪れます。地元では「初詣は石切…
ページ上部へ戻る