大阪天満宮の初詣と駐車場の詳細情報

Sponsored Links

大阪天満宮の初詣は、毎年55万人が訪れる大阪屈指の初詣スポットです。学業の神様で有名な天神さんは大阪で受験生を持つご家族には近しい存在の神さんとちゃいますか?今回は混雑状況や駐車場などの詳細についてご案内していきます。

大阪天満宮の概要

大阪天満宮は学問の神様・菅原道真を祀っているため「天満の天神さん」とよばれ、親しまれています。学業成就や合格祈願などにご利益があるといわれており、全国から受験生が参拝にやってきます。また芸能の神として知られており、江戸時代や明治時代から厚い信仰を得ており、今も芸能人などもお忍びで訪れます。

Sponsored Links

参拝時間

通常は朝9時~17時までが参拝時間ですが、元旦は0時~20時、2日と3日は6時~19時まで特別営業します。1月1日の0時~2時は「白酒授与」、1日~3日の10時~16時は「書初め」のイベントも開催されます。

例年の混雑状況

元旦がもっとも混雑をし、明け方までがピークとなります。大晦日の11時くらいから境内前は行列を成しており、境内に入るのに数時間かかることも少なくはありません。時間には余裕を持って、アクセスするように心掛けることが大切です。ピークは5日頃までとなりますが、1月初旬の土日を中心に混雑は続きます。できるだけ平日の参拝がお勧めです。

大阪天満宮

アクセスと駐車場情報

大阪天満宮へのアクセスは、東西線大阪天満宮駅から徒歩3分もしくは地下鉄谷町線・堺筋線南森町駅から徒歩5分となっています。車の場合、阪神高速道路環状線もしくは守口線北浜出口よりすぐとなっています。大阪天満宮の境内には専用の駐車場もありますが、初詣の参拝客は利用できません。そのため近隣の駐車場を利用するようになります。近隣には63カ所の駐車場があり、車でも比較的アクセスしやすいことも魅力の一つコインパーキングも多く、ネット予約やクーポンなどを発行しているところもあります。ただし初詣には、近隣の道路の混雑は必至となるので、注意が必要です。

屋台と商店街の様子

天満宮の境内にはたくさんの屋台が並びますが、近くの日本一長い商店街で有名な天神橋筋商店街も見どころの一つ。600軒にも及ぶ商店には、大晦日には年越しそばなどを提供しているお店も多く、参拝前の腹ごしらえもできます。さらに商店街には屋台が出ており、食べ物系、金魚すくい、お面のお店など縁日気分を楽しめます。深夜や早朝でも営業しているところもあるので、参拝客から重宝されています。

まとめ

例年、大晦日から正月三が日の間は、周辺の道路は交通規制されるので、注意が必要です。また電車は大晦日から元旦早朝にかけて、特別運行されるので、電車でも深夜や早朝にアクセスすることができます。

Sponsored Links
ひらべっちゃ

ひらべっちゃ

投稿者プロフィール

大阪生まれの大阪育ち、大阪在住の40代、歳の差10歳の2児の母やってます。
若い頃から食べ物にかなりのお金を投資してきた結果、脂肪が増えました。
オーガニックな食材からジャンクなものまで幅広く摂取可能。
健康に関しても自然療法から西洋医学まで幅広く習得。
ふり幅の大きい人生経験を生かし、お得情報を発信したいです~♪

この著者の最新の記事

こんな記事も人気やで~!

ピックアップ記事

  1. 関空

    2016年関空展望ホールの初日の出と混雑の詳細情報

    関空展望ホール「スカイビュー」は、関西国際空港の展望スポットとして知られています。元旦には初日の出を…
  2. 梅田スカイビル

    2016年 梅田スカイビルの初日の出と混雑の詳細情報

    大阪の中心部に聳える梅田スカイビルは、当日でも展望台に上ることができるため、人気の初日の出スポットと…
  3. あべのハルカス

    2016年あべのハルカスの初日の出と混雑の詳細情報 

    高さ300メートル、日本一の高さを誇るあべのハルカスは、まさに大阪のシンボルとしてすっかり定番のスポ…
  4. 住吉大社

    住吉大社の初詣と駐車場の詳細情報

    住吉大社は毎年、200万人以上が参拝に訪れる、大阪を代表する初詣スポットです。今回は住吉大社の混雑状…
  5. 石切神社

    石切神社の初詣と駐車場の詳細情報

    石切神社の正式名称は「石切劔箭神社」といい、県外からも初詣に多くの人が訪れます。地元では「初詣は石切…
ページ上部へ戻る