なばなの里のイルミネーション混雑の詳細情報2019-2020年

なばなの里のイルミネーションは、日本最大級のイルミネーションを楽しむことができ、毎年県外からも多くの人が訪れます。
「私らが子供の頃は、こんな素敵なイベントなかったわ~」と思っているお父さん、お母さん、2004年から始まった迫力満点のなばなの里イルミネーションを一度子どもと一緒に見に行ってみませんか?
今回はこのイベントの見どころや混雑状況についてご案内していきます。

今年の開催期間と営業時間

2019年のなばなの里イルミネーションは、2019年10月19日~2020年5月6日の予定となっており、他の施設を比べると長くイルミネーションを楽しむことができます。
営業時間は9時~21時、土休日 及び、特定日(12/24、12/25、12/27、12/30、1/2~1/5、1/11、1/12、1/18、1/25、1/262/222/233/1~5/6)は9時~22時。アクセスは近鉄名古屋線近鉄長島駅から三重交通バスなばなの里行きで10分、終点下車すぐ、もしくは車の場合は東名阪自動車道長島ICから県道7号・国道1号を経由し約10分
会場には無料の3000台の駐車場も完備されています。

見どころと混雑状況

なばなの里のイルミネーションは、池を中心にライトアップされ、水面にライトアップが線対称に映し出され、とても幻想的な光景を見ることができます。
また雲の雲海、ツリーなどのほか、光のトンネルも見どころの一つ。別世界に誘いを受けたような気分を味わうことができます。開催期間が長いこともあり、平日はさほど混雑しませんが、イベントのはじめと終わり頃の土日、クリスマスシーズンは混雑するので注意が必要です。

前売り券と当日券情報

当日券は小学生以上2300円(園内で使用できる1000円分の金券付)
一方前売り券はコンビニエンスストアなどで購入ができ、当日並ばずに入場することができるので、混雑を緩和でき、その分時間も有効的に利用できます。尚、発売期間は10/1~5/6となっています。

トイレ情報

トイレは正面ゲート、売店村の市、長嶋温泉里の湯、イルミネーションメイン会場などにありますが、期間中は行列ができるほど混雑をすることもあります。
来場前に済ませておくこともポイントの一つといえるでしょう。

子連れ向け情報

なばなの里には授乳室がありませんが、入り口ゲート近くのインフォメーションセンターを授乳やおむつ替えなどに利用することができます。
またおむつ替えスペースは花市場や花ひろば、レストランなどにも用意されています。またベビーカーの持ち込みはできますが、なばなの里では貸し出しはありません
敷地内はとても広く、昼間は昼寝などにも活用できますが、イルミネーション時は混雑していますので、ベビーカーだとスムーズに進めません。抱っこ紐で移動する方がお勧めです。
レストランは全部で約10カ所ありますが、子供が比較的食べやすいメニューがあるのでイタリアンレストラン「麦」
パスタやピザなどのメニューが充実しています。また冬には子供にはしっかりとした防寒対策がお勧め。売店などの屋内施設をうまく活用して暖を取りながら楽しむようにするとよいでしょう。

まとめ

なばなの里ではイルミネーション点火前後は、安全上の理由から園内は一方通行となるので、注意が必要です。また水筒などに暖かい飲み物を入れて行くのも寒さ対策に良いかもですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA