2020年四日市花火大会の穴場スポット情報

四日市花火大会は毎年4万人が訪れる、三重県四日市を代表する夏の花火大会です。今回はこの花火大会の日程や見どころ、穴場スポットについてご案内していきます。

2020年の日程

2020年は8月30日(日)に開催される予定となっており、時間は19時15分~20時30分となっています。開催場所は四日市港富双緑地で、JR富田駅から徒歩約15分、又は近鉄富田駅から徒歩約25分となっています。尚、専用の駐車場はありません。(※雨天時は9月6日に順延されます)

穴場スポット

穴場スポットにお勧めなのが、会場に近いジャスコ四日市北店の屋上駐車場。高台から見渡すことができるので、ダイナミックな花火を楽しむことができます。買い物を楽しんだ後に花火を楽しめることも、魅力の一つです。

花火大会の見どころ

四日市花火大会では3台の台船から多彩な約4000発の花火が打ち上げられます。次から次へと豪華絢爛な花火が打ち上げられている様子がとても印象的です。

この花火大会の最大の見どころといえるのが、特大スターマイン。まるで四日市の空に光のカーテンがかかっているかのような幻想的な光景を楽しむことができます。

また誕生日祝い、結婚記念などメッセージが読み上げられる、市民がスポンサーとなるメモリアル花火も好評。この花火大会らしいアットホームな雰囲気が楽しめます。

その他音楽と花火がコラボレーションしているミュージックスターマインやワイドスターマインなども見どころの一つ。FM放送をBGMとしているユニークなスタイルも、この花火大会ならではの魅力です。

駐車場情報

会場には専用の駐車場がないため、民間の駐車場を利用するようになりますが、駅周辺には大きな駐車場は多くありません。

そこでお勧めなのが穴場スポットと同じジャスコの駐車場。2200台完備されており、無料で利用できます。ただしあくまでも買い物客専用の駐車場なので、ショッピングも合わせて楽しむようにしましょう。また会場までは徒歩で10分程度となっています。

座席の購入や場所

この花火大会では有料席もあり、よりゆっくりと鑑賞したい方にはお勧めです。テーブル席は6名15,000円(指定席)シート席2名4,000円(指定席)イス席1名2,000円(指定席)芝生席1名2,000円(自由席)で販売されます。チケットぴあやローソンチケットにて購入することができます。また残ったチケットは当日券として販売されます。

まとめ

四日市花火大会は、地方で開催される花火大会としては珍しく専用の駐車場がありません。最寄り駅周辺の駐車場は非常に混雑するため、少し離れた駅に車を停めて、会場まで移動することもお勧めです。